キッチンカウンターの原状回復

普段は指先程度の小さな傷、大きくても手のひらサイズの補修が殆どなのですが、大きな物でも時間は掛かりますが補修は可能です。今回はその一例をご紹介します。

対象はキッチンカウンターです。賃貸の原状回復になります。
以前の住民がよく利用していたのか、全体的にかなり表面が荒れています。表面のクリア層が一部剥がれ、その他も汚れや色あせで変色しています。
ここまで広範囲に劣化しているなら新品に交換したいところですが、カウンターは建具として組み込まれているので、取り換えるとなると最悪壁やキッチンを壊す必要が出てきます。そうなると原状回復というよりリフォームですね。そこまで費用をかけるのは貸主様としてはできるだけ避けたいところだと思います。
このカウンターを一日掛かりで補修してみました。

   Before1   

   Before2   

Afterが補修後の画像です。さすがに新品同然とまではいきませんが見違えるほど綺麗になったと思います。
補修方法は意外と単純で、表面を全体的に削って古い塗膜を削り落とし再コーティングしています。殆どの汚れは古い塗膜と一緒に削れましたが、それでも落ちないものは着色で隠しています。一見すると修復不可能に思えるボロボロな物でもここまで修繕することが可能です。

   After1   

   After2   

大きい物でも補修できます、というご紹介でした。注意点としては表面を削る際、かなり削り粉が舞う事です。周りが相当汚れるので人が住んでいる部屋ではこの補修方法は実質使えません。空き部屋の原状回復なら可能です。
賃貸を管理されている方で原状回復を請け負ってくれる業者をお探しの方は当HPの『お問い合わせ』ページをご利用ください。またLINE公式アカウントでも受け付けております。お問い合わせお待ちしております。

上がり框の修繕

玄関で靴を脱いで初めに足を置く1段上がった場所のことを上がり框(かまち)といいます。家に出入りする際必ず通る場所なので人の往来が多く、どうしても傷が付き易い場所です。同時に来客に必ず見られる場所なので綺麗にしておきたい場所でもあります。
Before画像はその框の画像ですが、所々色褪せして角部分は削れて白くなっています。上面にはへこみも複数あります。
   Before   

補修後の写真が以下になります。目立つへこみや角の削れはパテで補充し、その後研磨して形状を整え塗装して仕上げました。見比べていただければ劇的に綺麗になっているのがお分かりいただけると思います。
施工時間は約3時間で、半日程度で完了しています。家を空けるに始めて、用事を済ませて帰ってきたら終わっているぐらいの時間です。玄関が使えなくて困るという事もありません。

   After   

框は日本の一般的な住居ならほぼ必ず付いているので、皆様のお自宅にもあるのではないでしょうか。よく見てみるとたくさん傷が付いているのに気付くと思います。
不格好だから綺麗にしたいけど、できるだけ安く早く済ませたい。そんな方は『お問い合わせ』ページからご相談ください。

木部の変色

木材は金属やプラスチックよりも変色し易く、こまめに手入れしていても時間が経てば必ず色味が変わります。原因は日焼けや湿気など様々です。これは悪いことではなく、色が徐々に変わるところが木材の味でありいいところでもあります。
しかし、木材の上に長時間物を置きっぱなしにしていたりすると、その部分だけ違う色になってしまうことがあります。以下のBefore画像がその例です。
3箇所明らかに白くなっている場所が見えます。表面に傷は無く綺麗なままなのですが、色だけが変わっています。全体的に同じように色が変われば気にならないのですが、このように一部分だけ違う色になると不格好に感じてしまいます。
   Before   

そのような場合でも当店の調色技術を使えば、色の違う部分のみ着色し周りに馴染ませることが可能です。Afetr画像を見ていただければ、白かった部分が無くなっているのがわかると思います。
ポイントは全面的に塗り直したわけではないことです。元の色より濃い色で全体を塗り潰してしまう方法もあるのですが、それだと本来の色味も失われてしまいます。全体の色が変わると部屋の印象も変わるので抵抗がある人もいると思います。ですが部分的な着色であれば、そのような心配はありません。

   After   

表面に傷は無く、着色のみで済む補修ケースであればお値段は通常よりもいくらかお安くすることができます。気になる方は一度お問い合わせください。

玄関ドアの色褪せ

玄関ドアは家の印象を決めるうえでとても大きな影響を与えます。なるべく綺麗な状態を保ちたいと思いますが、外側は雨風にさらされるのでどうしても劣化し易いです。今回はその玄関ドアの補修例です。
ドアの下半分中央部分がBefore画像のように色褪せしてしまっています。素材は木製になります。とても綺麗でおしゃれなご住居だったのですが、玄関ドアがこの状態だと全体的に老朽化しているような印象を持ってしまいます。遠目からでも見える程広範囲だったので、今回補修を決断していただけました。

   Before   

以下が補修後です。日が照ってきたのでBeforeより明るい画像になってしまいましたが、色褪せしていた部分にしっかり色が付いたのがわかると思います。木材特有の木目や色の濃淡も可能な限り再生しました。これなら古ぼけた印象を持たれることはないでしょう。
因みに玄関ドアを新品にリフォームしよう思った場合、工事費込みで30万円以上が目安です。当店にご依頼いただけた場合は高く見積もっても5万円程度です。なるべく費用を抑えつつ、お家の印象を良くしたいとお考えの方は一度当店にお問い合わせください。

   After   

色あせ補修

窓際のフローリングは直射日光が当たるのでどうしても他の場所より早く経年劣化が進みます。色が抜けて白っぽくなるだけでなく表面のコーティングが剥がれガサガサの肌触りになってしまいます。以下の画像がその例です。

   Before   

その状態のフローリングを塗り直しAfter画像の状態にまで復元しました。色味がかなり元の状態に戻ったのがわかると思います。コーティングもし直したのでガサガサだった肌触りも改善しました。
色あせは見た目が悪いだけでなく放っておくとどんどん酷くなり、ささくれ立ったりひび割れて強度的にも問題が起きます。あまりにひどいと交換しかなくなり時間とお金を掛けて工事をすることになります。そうなる前にメンテナンスを兼ねて早めの補修をオススメします。

   After