フローリングの引っかき傷

床によくある傷といえば何か硬くて重い物を落としてしまった時にできてしまったへこみや穴でしょう。それと同じくらいよくお問い合わせいただくのがBefore画像のような引っかき傷です。何か物を引きずってしまった時にできる傷ですが、白くなってしまうことが多いので暗い色の素材だと非常によく目立ちます。

   Before   

After画像が補修した後の画像です。かなり目立たなくなりました。
しかしよく見ると木目が途中で途切れている箇所があり、まだ線の跡が薄っすら見えると思います。やはり補修なので完全に新品と一緒という訳にはいきません。とは言えカメラの距離ぐらいまで近付かなければまず見えないので、私生活で頻繁に目に付く事はないと思います。
これでも気になるという方は新品に買い替えていただくしかないですが、補修ならばお値段、お時間は買い替えの数分の1で済みます。買い替えか補修か、お悩みの方はまずはお見積りをご依頼ください。

   After   

壁のへこみ

壁にできてしまったへこみや穴にお困りではないでしょうか?今回はまさにそういった壁の傷補修です。
白色なのでわかりにくいですがBefore画像の中央にへこみが付いています。クロス(壁紙)も少し破けてしまっています。
近くに置いていた姿見鏡を倒してしまった時に鏡の角が壁にぶつかりできてしまった傷だそうです。生活していればうっかり起きてしまいそうな事故だと思います。

   Before  

まずは傷周辺のクロスを千切れないように丁寧に切り取ります。以下が傷周辺のクロスのみ剥がした状態です。白くなっているのがへこみの部分です。

充填剤でへこみ部分を埋めてサンドペーパーで平らにします。写真で見ると不格好ですが上からクロスを張るので問題ありません。

平らになったら剥がしたクロスを元の場所に張り直します。切れ目が目立つ部分はコーキング剤で補填し、模様を書き足して完了です。After画像を見てわかる通り、殆どわからない状態になったと思います。
当店は木製品の補修をメインでやっていますが小さな傷であれば壁の補修も承ります。お困りの際は是非お問い合わせください。

   After  

机の剥げ

今回は机の天板剥げを補修しました。家具などでは表面に木目柄のテープを張っていることが多く、それが経年劣化で破けてしまっている状態です。
直し方はフローリングの色あせ補修と殆ど同じ手順です。白くなっている箇所を塗り直し、上からまた色が剥がれないようにコーティングしました。

   Before  

表面が少し剥げるぐらいなら耐久度は問題ないのですが、見た目のボロボロ感は否めません。
飲食店などの店舗をお持ちの方は一度テーブルや椅子の補修を検討してみてはどうでしょうか?綺麗になれば来店のお客様にも喜んでもらえるかもしれませんよ。

   After  

サッシの擦り傷

樹脂サッシの補修をしましたのでご紹介します。
サッシの下部にBefore画像のような擦り傷が付いてしまったようです。樹脂材は柔らかいのでこのような傷が見つかることは多いのではないでしょうか?

   Before  

こちらを補修してAfter画像の状態に直しました。
このような小さいのに目に付いてしまう傷こそ補修が最適です。お困りの際は一度当店にご相談ください。

   After  

家具の形状再生

今回は少し難しい補修に挑戦します。Before画像は椅子の背もたれの写真です。角の部分が大きく欠けています。しかも欠けた部分は紛失しており取れた部分を接着剤でくっつけて直すということもできません。
さすがにそんな状態では直せないのでは?と思うかもしれませんが当店の補修技術を駆使すれば、完全に消えて無くなってしまった部分を再生することが可能です。どのように直すのか段階を踏みながらご紹介します。

   Before   

まずは粘土のように自由に形を作れる材料を使い大まかな形を再現します。この材料はすぐに固まってしまうのでとにかく速さ勝負です。下の画像がその作業を終えた状態です。なんとなく元の形が見えてきましたが、この状態ではまだ表面がボコボコでオリジナル部分との段差も気になります。

続いてサンドペーパーを使って整形していきます。初めは粗い目で削り、徐々に目の細かい物に変えていきながら表面のボコボコを無くします。削り過ぎてへこんでしまった箇所や充填が足りていなかった箇所はパテで盛り上げてまたサンドペーパーで形を整えます。この作業を繰り返して形を再生したのが下の画像です。ほぼ元通りの形が再現できました。

形が元に戻ったら後は着色です。オリジナル部分とできるだけ同じ色を調色し、充填した箇所を塗っていきます。上手く色が馴染んだら最後に色が剥がれないようにコーティングして完成です。完成した状態が下の画像です。初めの状態が想像出来ないほど綺麗に角が再生されました。
   After 

このレベルの補修になるとさすがに1日作業になってしまいます。施工費用も掛かってしまうので買い替えた方が安いという場合も多いと思います。
それでもどうしても直してもらいたい家具、もしくは木製品がある。どこに頼んでも断られてしまう。という方は当店にご相談ください。持てる限りの技術で対応させていただきます。