クローゼット扉の穴

今回はクローゼット扉の補修例です。Before画像のように取っ手付近にできた大きめの穴を補修します。かなり深いですが辛うじて貫通はしていません。
クローゼット扉のような動くものの場合、扉を取り外してから直すの?広い場所を確保しないとできない?と思われるかもしれませんが、そんな必要はありません。取っ手部分は作業の邪魔なので一旦取り外しますが、それ以外はそのまま作業を行います。なので広い場所の確保は不要です。作業時間も2~3時間程度で済みます。

   Before   

補修後の画像が以下です。遠目からでもはっきり見えるほどの大きな穴が完全に塞がりました。

   After   

立った状態からの画像も撮影しました。私生活では大体このぐらいの距離から目にすることになりますが、ご覧の通り殆ど気にならないと思います。

   After2   

今回の例の補修費用は19,800円(税込)です。
クローゼット扉を買い替えようと思った場合、扉本体の値段、古い扉の取り外し、新品の取り付け、全て足し合わせると50,000~100,000円程度になります。さらに扉は大きい物なのでの運搬も大変で、廊下やクローゼット付近の物を全て一旦どかさなければいけません。
手間も費用も掛けたくない。でも傷をそのままにしておきたくない。そんな方は是非一度当店にご相談ください。

床板の色調調整

傷が入ったり古くなって浮いてきてしまった床板を、その部分だけ剥がして張り直すとBeforeのような状態になってしまう場合があります。
   Before   

どこを張り替えたのか一目瞭然です。サイズはピッタリですが色味が全然違います。
古い床板の場合、まったく同じ色の床というのが見つからないことが多いです。見つかったとしても木は年数経過で変色するので新品とその他で色調は一致しません。

流石にこのままでは不格好なので色を周りに合わせて欲しい、というご依頼でした。補修結果が以下です。
   After   

見比べてわかる通りだいぶ馴染んだと思います。木目まで塗り潰してしまわないように薄く少しず色調を変えました。
このように床の色を変更することも可能です。しかし床板を張り替えてから色を変えるというのは2度手間ですし、その分費用も掛かります。余程酷い状態でない限りは張り替えずに、初めから補修することをオススメします。その方が手を加える範囲も小さくて済むのでより綺麗に直すことができます。

補修か張り替えかで迷ったら一度お見積りをご依頼ください。

2021~2022年 年末年始の営業について

年末年始の営業についてご連絡です。
当店では下記の日程で営業をお休みさせていただきます。ご予約、お問い合わせの際はご注意ください。

定休日:2021年12月30日 ~ 2022年1月3日

定休日の期間、お問い合わせ対応も休止しております。お電話はお受けできません。本ホームページのお問い合わせページ、およびLINE公式アカウントは稼働しておりますが、返答は2022/1/4以降となりますのでご了承下さい。
記載の日程以外であれば土日祝日も営業しております。お気軽に補修、お見積りをご依頼下さい。今後ともトータルリペアタカギをよろしくお願い致します。

広範囲の擦り傷

フローリングの上で物を引き摺ってはいけない、という事は誰でもわかっていることだと思います。とは言っても箪笥などの重い物を動かしたい時、一人では持ち上げるのは困難です。かといって家財を動かす為だけに人を呼ぶのも大袈裟。なのでちょっと押して動かしたら床に擦り傷ができてしまった。という経験は誰でも一度はあるのではないでしょうか。
以下がまさにそのような状況で付いた傷です。白い線のように見えるものが全て傷になります。写真では分り難いですが結構へこんでもいます。広範囲に渡って傷が付いているので何か引き摺ったんだなというのが一目でわかります。

   Before   

以下が補修後の写真です。Beforeとほぼ同じ角度、距離で撮っていますが白い線が見えなくなったのがわかると思います。凹みも埋めているので手触りも違和感ないよう仕上げております。
   After   

大掃除や模様替えで家具を動かすこともあると思います。部屋を綺麗にするために動かしたのに傷が付いてかえって汚くなってしまった。なんていうトラブルが起きた際は、是非一度当店にお問い合わせください。

木部の焦げ跡

アイロンの電源を入れたまま床に置いてしまったり、タバコを落としてしまったりなど、うっかり焦げ跡が付けてしまった経験がある人もあるのではないでしょうか。表面が薄く焦げただけなら強めに擦ればある程度薄くすることができますが、深くまで焦げてしまった場合はそうもいきません。シミ抜きで取れるものではないので、ハウスクリーニング屋さんでも対処できない場合が多いと思います。
当店ならば床に馴染む色を調色した上で焦げ跡を隠すことが可能です。お値段は浅い傷と同じになりますので、小さい物であれば最低10,000円からお受けいたします。

以下は焦げ跡補修の例です。例ではわかりやすいように白色の部材を用いていますが、その他どのような色でも対応可能です。
目立つ焦げ跡にお困りの際は是非お問い合わせください。

   Before   

   After