下駄箱の補修

下駄箱の扉にできた傷の補修をご紹介。
直す前はBefore画像のような状態でした。表面の板が剥がれてしまい、接着剤でくっつけようとしたが上手く傷が隠れなかったようです。凹んでいるようにも見えますが実際は逆で傷の部分だけ膨らんでいます。使用した接着剤の分、厚みが増したためでしょう。簡易な補修だと恐らくこんな感じの仕上がりになると思います。

   Before 

当店が補修し直した結果がAfter画像です。どうでしょうか?ちょっと離れて撮った画像でも殆どわからなくなったと思います。
補修のついでに専用のクリーニング剤を用いて全体的に磨いたので、所々あった黒い汚れも落としました。磨くだけで落ちる汚れであれば追加料金なしでご対応いたします。
綺麗にしたい家具などがある方は是非当店をご利用ください。

   After 

テーブル補修

以下の画像はテーブルの天板の一部です。テープで囲んでいる白く変色している範囲が今回の補修箇所です。結構長い間使われたテーブルのようで、経年劣化で脆くなっているところに湿気を含むものを長時間放置してしまったところ、こんな状態になったそうです。
表面のクリアコーティングが剥がれてしまって艶も消えてしまっています。クリアコーティングは見た目を良くするためでなく、木材を傷めないためにも必要です。水気も吸ってしまうので、最悪木が腐ってしまう事もあります。このような状態になった時は早めに補修しましょう。

   Before  

補修後の画像が以下です。直し方はいつも通りパテで段差を埋め平坦に均した後、着色して最後にコーティングをしています。因みに木目も手書きで再生しています。至近距離で見ると手書きしたことは流石にわかってしまうのですが、画像の距離ぐらいからなら殆どわからないと思います。
お気に入りの家具をうっかり傷付けてしまった、という時は是非当店にご相談ください!

   After  

ラック補修

Before画像に移っているのはテレビラックのサイド部分です。表面に張ってある木目調のテープが剥がれて下地が剥き出しになっています。特に擦ったりしていなくても経年劣化でこんな状態になることがあります。皆様のご自宅にも似たような状態の家具はないでしょうか?

   Before  

とりあえずテープがめくれ上がっていた箇所を張り直します。これぐらいならちょっと工作が得意な人なら自分でやってしまうと思います。
しかし折れ曲がっていた部分の色が抜けていたり、テープが欠けてしまっている箇所があってまだ汚い印象です。なのでもう一歩綺麗にしていきます。

白くなっていた部分は色を塗り直し、テープが欠けていた箇所には充填剤を使い段差をなくしました。以下のAfter画像が完成写真です。これならパッと見で汚いという印象を持たれる心配はないでしょう。当店に頼んでいただければDIYでは難しいこのレベルまで直せます。
サイズもデザインも気に入っている家具は簡単には手放したくないと思います。大型家具は処分も面倒ですし、買い替えよりも補修を検討してみてはいかがでしょうか?

   After  

家具の擦り傷

Before画像はベッドの側面になります。何か擦ってしまったのか表面が一部削れてしまっています。黒っぽい色なので特に目立ちますね。画像ではわからないですが触ってみると傷口はガサガサでささくれ立っています。無傷の箇所はツルツルなので肌触りも悪くなっています。
このタイプの傷は表面がごく薄く削れていいる状態なのでパテを埋めるのは難しいでしょう。かといって何も埋めずにそのまま色を塗るだけではガサガサが直りません。そんな傷でも当店の各種補修材を使えばしっかり直せます。

   Before   

After画像が補修後の画像です。艶を見ていただけると表面がツルッと仕上がっているのがわかると思います。もちろん触ってもガサガサ感は感じなくなっています。補修って色を付けるだけ?と思われている方もいるかもしれませんが、当店は艶具合や肌触りまでオリジナルを再現します。
仕上がりのイメージを知りたい方は一度ご相談ください。無料でサンプルをお見せいたします。

   After   

家具の欠け再生

今回は少し難しい補修に挑戦します。Before画像は椅子の背もたれの写真です。角の部分が大きく欠けています。しかも欠けた部分は紛失しており取れた部分を接着剤でくっつけて直すということもできません。
さすがにそんな状態では直せないのでは?と思うかもしれませんが当店の補修技術を駆使すれば、完全に消えて無くなってしまった部分を再生することが可能です。どのように直すのか段階を踏みながらご紹介します。

   Before   

まずは粘土のように自由に形を作れる材料を使い大まかな形を再現します。この材料はすぐに固まってしまうのでとにかく速さ勝負です。下の画像がその作業を終えた状態です。なんとなく元の形が見えてきましたが、この状態ではまだ表面がボコボコでオリジナル部分との段差も気になります。

続いてサンドペーパーを使って整形していきます。初めは粗い目で削り、徐々に目の細かい物に変えていきながら表面のボコボコを無くします。削り過ぎてへこんでしまった箇所や充填が足りていなかった箇所はパテで盛り上げてまたサンドペーパーで形を整えます。この作業を繰り返して形を再生したのが下の画像です。ほぼ元通りの形が再現できました。

形が元に戻ったら後は着色です。オリジナル部分とできるだけ同じ色を調色し、充填した箇所を塗っていきます。1回でピッタリ同じ色を作り出すのは難しいので、何度も繰り返し塗り、明度や彩度を調整していきます。上手く色が馴染んだら最後に色が剥がれないようにコーティングして完成です。完成した状態が下の画像です。初めの状態が想像出来ないほど綺麗に角が再生されました。
   After 

施工時間は6時間です。このレベルの補修になるとさすがに1日作業になってしまいます。施工費用もそこそこ掛かってしまうので買い替えた方が安いという場合も多いと思います。
それでもどうしても直してもらいたい家具、もしくは木製品がある。どこに頼んでも断られてしまう。という方は当店にご相談ください。持てる限りの技術で対応させていただきます。