下駄箱の補修

下駄箱の扉にできた傷の補修をご紹介。
直す前はBefore画像のような状態でした。表面の板が剥がれてしまい、接着剤でくっつけようとしたが上手く傷が隠れなかったようです。凹んでいるようにも見えますが実際は逆で傷の部分だけ膨らんでいます。使用した接着剤の分、厚みが増したためでしょう。簡易な補修だと恐らくこんな感じの仕上がりになると思います。

   Before 

当店が補修し直した結果がAfter画像です。どうでしょうか?ちょっと離れて撮った画像でも殆どわからなくなったと思います。
補修のついでに専用のクリーニング剤を用いて全体的に磨いたので、所々あった黒い汚れも落としました。磨くだけで落ちる汚れであれば追加料金なしでご対応いたします。
綺麗にしたい家具などがある方は是非当店をご利用ください。

   After 

フローリング表面のめくれ

ご自宅などでフローリングの表面がめくれてしまい、挙句めくれた部分が取れてしまったのを見たことはないでしょうか?ごく小さなものであれば意外と見かける傷だと思います。以下のBefore画像がまさにその状態です。
テープを張って押えていた痕跡が見えますが、テープの耐久度はそう長くは続かないのですぐにまためくれ上がります。そこに足や物を引っ掛けてしまい、完全に表面が取れてしまった状態です。それが何度か続く内に初めは数センチだった傷も20センチ以上まで拡がってしまったようです。このレベルになると流石に無視できないですし、素足で踏んでしまえば傷口の木片が刺さる危険もあります。
このような傷でも当店にご依頼いただければ補修可能です。

   Before  

まずは形状の再生です。傷口にパテを埋めてサンドペーパーで形を整えていきます。以下がその作業を終えた状態です。欠けていた部分が埋まり形状が元に戻りました。

形が元に戻ったら次は着色です。木の色に合わせて調色し周りと馴染ませます。最後に艶合わせをして完了です。
After画像が補修完了後の画像です。パテの跡が完全に見えないのはもちろん、着色箇所の境界も見えません。
立った状態から撮影した画像もご覧ください。艶具合も周りとよく馴染んでいるので、光が当たっても目立っていない思います。

   After  

フローリングは傷のできた一部分だけを切り取って張り替えるということは基本的にできません。仮にできたとしても、張り替えた部分だけ色の違いや隙間が出来て逆に目立ちます。張り替えるなら一部屋分全てになりますが、そうなると部屋にある物を全て外に出さなくてはならず、手間も費用も掛かります。
補修ならば傷周辺1~2メートルを空けていただけるだけで十分です。補修時間も数時間から可能です。傷は小さい程早く安く直せます。放っておいて補修不可能なレベルまで傷が大きくなってしまう前に、お早めにご相談ください。

壁のへこみ

壁にできてしまったへこみや穴にお困りではないでしょうか?今回はまさにそういった壁の傷補修です。
白色なのでわかりにくいですがBefore画像の中央にへこみが付いています。クロス(壁紙)も少し破けてしまっています。
近くに置いていた姿見鏡を倒してしまった時に鏡の角が壁にぶつかりできてしまった傷だそうです。生活していればうっかり起きてしまいそうな事故だと思います。

   Before  

まずは傷周辺のクロスを千切れないように丁寧に切り取ります。以下が傷周辺のクロスのみ剥がした状態です。白くなっているのがへこみの部分です。

充填剤でへこみ部分を埋めてサンドペーパーで平らにします。写真で見ると不格好ですが上からクロスを張るので問題ありません。

平らになったら剥がしたクロスを元の場所に張り直します。切れ目が目立つ部分はコーキング剤で補填し、模様を書き足して完了です。After画像を見てわかる通り、殆どわからない状態になったと思います。
当店は木製品の補修をメインでやっていますが小さな傷であれば壁の補修も承ります。お困りの際は是非お問い合わせください。

   After  

木製家具の剥げ

今回は木製デスクの表面が剥がれて白っぽくなってしまった傷の補修例です。
Before画像の白い部分が剥げ部分なのですが、その周辺も色が変わっているのがわかると思います。ご依頼人様の話によると、小さな傷だったので市販の補修ペンで色を付ければ隠れるだろうと試したところ、全然色が違って逆に目立ってしまったようです。同じ色だと思っていたのに塗ってみたら全然違う色だった、というのは補修業をしていてもよくあります。だからこそ着色前には必ず『調色』を行うのですが、この作業には慣れと勘が必要なのでいきなりやってみても難しいと思います。

   Before   

一発でピタッと色を合わせられる調色の達人も中にはいますが、私はまだそのレベルには達していないので何度も試し塗りをしつつ馴染む色を作っていきます。しっかりと調色し色を付け直したのがAfter画像です。上手くピントが合わずぼやけてしまいましたが、どこを塗ったか殆どわからないと思います。
このように当店ではどのような色でも調色技術により再現することができます。この技により表面の剥げだけでなく、黒ずみや黄ばみにも対応できます。木製品の変色にお困りの際は一度お問い合わせください。

   After   

机の剥げ

今回は机の天板剥げを補修しました。家具などでは表面に木目柄のテープを張っていることが多く、それが経年劣化で破けてしまっている状態です。
直し方はフローリングの色あせ補修と殆ど同じ手順です。白くなっている箇所を塗り直し、上からまた色が剥がれないようにコーティングしました。

   Before  

表面が少し剥げるぐらいなら耐久度は問題ないのですが、見た目のボロボロ感は否めません。
飲食店などの店舗をお持ちの方は一度テーブルや椅子の補修を検討してみてはどうでしょうか?綺麗になれば来店のお客様にも喜んでもらえるかもしれませんよ。

   After