玄関の深い傷

にできた深めのへこみの補修を行ったのでご紹介します。場所は玄関の縁部分です。飾ってあった置物をうっかり落としてしまった際にできた傷のようです。玄関は人を出迎える場所なので特に綺麗にしておきたい場所だと思います。

Before画像をみればわかる通り今回のへこみはかなり深いものです。このレベルだとDIY向けの市販の補修キットではなかなか直せないと思います。仮にそれっぽく直せたとしても強度が弱い材料を使っていては直した場所がすぐ変形したりヒビが入ったりするケースが考えられます。
   Before   

そこで今回は強度のある補修材を使い穴を埋めました。頑丈な分やや加工に時間が掛かるのですが、その分簡単には変形しません。埋めた後平らにして色味や艶を調整したものがAfter画像です。綺麗に傷が塞がったと思います。

   After   

せっかく綺麗に直してもその後すぐに傷が復活してしまったら意味がないと思います。当店では傷の大きさ、深さなどを考慮し適切な補修方法をご提案致します。安心してご依頼ください。

色あせ補修

窓際のフローリングは直射日光が当たるのでどうしても他の場所より早く経年劣化が進みます。色が抜けて白っぽくなるだけでなく表面のコーティングが剥がれガサガサの肌触りになってしまいます。以下の画像がその例です。

   Before   

その状態のフローリングを塗り直しAfter画像の状態にまで復元しました。色味がかなり元の状態に戻ったのがわかると思います。コーティングもし直したのでガサガサだった肌触りも改善しました。
色あせは見た目が悪いだけでなく放っておくとどんどん酷くなり、ささくれ立ったりひび割れて強度的にも問題が起きます。あまりにひどいと交換しかなくなり時間とお金を掛けて工事をすることになります。そうなる前にメンテナンスを兼ねて早めの補修をオススメします。

   After   

プリント合板の補修

最近の住宅では無垢材フローリングというのが人気です。木本来の模様をそのまま利用しているため自然の温かみが感じられ、肌触りもよく木の匂いも感じられます。
対して壁や家具などによく使われるのがプリント合板です。合板の上に直接模様を印刷、または模様の付いたシートを表面に張ってあるものです。人工的に模様を付けているため、多種多様な色や柄が作れデザイン性に富んでします。木材でありながら木目柄でない場合も多いです。
以下はプリント合板にできた10cm程度のえぐれ傷の補修例となります。

  Before  

   After  

白をベースに薄く灰色の斑模様が付いています。そのような部材でもAfter画像のように補修可能です。画像のような距離からなら殆どわからないレベルになっていると思います。
このように木目柄以外の物でも補修できますので、お困りの方は是非一度ご相談ください。

フローリングの原状回復

今回は賃貸物件の原状回復を担当させていただいたのでご紹介します。
借主の方がどんなに綺麗に使っていても必ずできてしまうのが下の画像にあるような擦り傷えぐれ穴です。1つ1つは大した傷ではなくても数や場所によっては目立つしまいます。そのままでは内見に来た人にも『汚い』という悪印象を持たれてしまいます。

なかなか次の入居者が決まらないのは貸主様にとっては一番避けたいことだと思います。かといって張り替えは時間とお金が掛かってしまいます。
しかし当店にご相談いただければ張り替えるよりもずっと安く、短い時間で補修できます。画像にある程度の傷であれば1日で10~20箇所程度は補修可能なので、すぐに入居者の募集を掛けられます。原状回復をお考えの際はトータルリペアタカギのご利用をご検討ください。

   Before  

   After  

床のクリーニング

今回はフローリング床クリーニング例です。補修ではないのですが、こういうこともできますという意味でご紹介します。
黒ずみのような汚れが付き磨いても取れないので綺麗にできないか、という依頼でした。施工を行う前には必ず周辺のクリーニングをするのですが、その時に使う材料で綺麗に取ることができました。Before、Afterを見比べてみるとずいぶん綺麗になったのがわかると思います。施工1時間で1部屋分磨きました。

仮に磨きではどうやっても取れない汚れ、シミの場合でも上から色を塗り直して直すことができます。頑固な汚れにお困りの方は一度当店にご相談ください。

   Before   

   After