フローリングの引っかき傷

床によくある傷といえば何か硬くて重い物を落としてしまった時にできてしまったへこみや穴でしょう。それと同じくらいよくお問い合わせいただくのがBefore画像のような引っかき傷です。何か物を引きずってしまった時にできる傷ですが、白くなってしまうことが多いので暗い色の素材だと非常によく目立ちます。

   Before   

After画像が補修した後の画像です。かなり目立たなくなりました。
しかしよく見ると木目が途中で途切れている箇所があり、まだ線の跡が薄っすら見えると思います。やはり補修なので完全に新品と一緒という訳にはいきません。とは言えカメラの距離ぐらいまで近付かなければまず見えないので、私生活で頻繁に目に付く事はないと思います。
これでも気になるという方は新品に買い替えていただくしかないですが、補修ならばお値段、お時間は買い替えの数分の1で済みます。買い替えか補修か、お悩みの方はまずはお見積りをご依頼ください。

   After   

フローリングの原状回復

今回は賃貸物件の原状回復を担当させていただいたのでご紹介します。
借主の方がどんなに綺麗に使っていても必ずできてしまうのが下の画像にあるような擦り傷えぐれ穴です。1つ1つは大した傷ではなくても数や場所によっては目立つしまいます。そのままでは内見に来た人にも『汚い』という悪印象を持たれてしまいます。

なかなか次の入居者が決まらないのは貸主様にとっては一番避けたいことだと思います。かといって張り替えは時間とお金が掛かってしまいます。
しかし当店にご相談いただければ張り替えるよりもずっと安く、短い時間で補修できます。画像にある程度の傷であれば1日で10~20箇所程度は補修可能なので、すぐに入居者の募集を掛けられます。原状回復をお考えの際はトータルリペアタカギのご利用をご検討ください。

   Before  

   After  

フローリングの溝再生

フローリングにできた傷でも特に面倒なので溝部分の傷です。普通は平らに慣らせばいいだけなのですが、溝にできてしまった傷の場合は溝の形を再現しなければいけないので、その分手間が掛かります。
今回は下の画像のような溝をまたいでできてしまったえぐれ穴を補修していきます。

   Before   

直す手順は同じで専用の充填剤で穴を埋めた後に形を整えていきます。特に専用の道具や裏技があるわけではないので、サンドペーパーや彫刻刀などを駆使して上手く再現するしかありません。この辺が溝部分の補修が通常より時間が掛かる理由です。
少しずつ削って元の形を再現した状態が以下です。

形が元に戻ったら後はいつも通り色味を調整します。補修完了後の画像が以下です。補修前の状態と比べれば、かなり自然な形に戻ったと思います。
平らな箇所にできた傷よりも補修時間は多めにいただきますが、当店は問題なく対応できます。サンプルを確認したい方は遠慮なくお申し付けください。

   After   

最低料金での補修例

当店は10,000円(税抜)を最低補修費としております。では、10,000円でどこまで直して貰えるの?と疑問に思っている方も多いと思います。そこで、実際に最低料金で施工した補修例をご紹介します。
以下はいずれもフローリングにできたへこみ、えぐれの傷です。最低料金の目安は大きさが5センチ未満で、深さが3ミリ以下としています。目安より若干深さがありますが、このぐらいであれば3箇所まで最低料金でご対応します。
   Before   

補修後が以下の通りです。穴が塞がって平らな状態に戻っています。補修したら艶が落ちてくすんでしまった、ということ失敗例がよくあるのですがテカり具合を比べて見ても特に大きな変化はないと思います。
補修を頼んでみたいけど、ちゃんと綺麗になるか不安だ。と思っている方は多いと思います。そんな方のためにいくつか補修サンプルをご用意しておりますので、お気軽にご要望ください。それでも不安だという方は最低料金の補修で直り具合を確かめることをオススメします。出来に納得していただけたら追加で大きな傷の補修をご依頼いただければ失敗がないと思います。その時は複数の傷補修を依頼いただけた場合の割引も適用させていただきます。
補修を検討中の方はご参考にしてください。

   After   

木材の切り傷

今回は木製の床にできた切り傷の補修例をご紹介します。
Before画像のテープの上辺りをご覧ください。木目に逆らっている黒い一本の線が見えると思います。おそらくカッターのような細い刃物で付けてしまった傷と思われます。傷を指でなぞってみるとはっきり凸凹を感じます。
少し離れてしまえば殆ど見えない程の傷だったので、逆に補修し難かったりするのですが可能な限り隠したいと思います。

   Before   

After画像が補修後の写真です。ほぼ同じ位置、同じ角度から撮っていますが黒い横線が見えなくなったと思います。
盛り上がっていた部分は押し潰し、その後充填剤で凹みを埋めました。光の反射具合を見ても凹凸が無くなっているのがお分かりいただけると思います。
どんな細かい傷でもご依頼ただければ可能な限りご対応いたします。気になる傷がある方は是非一度お問い合わせください。

   After