フローリングのへこみ

フローリングなどの木材の傷でご要望が多いのがBefore画像のようなへこみ傷です。ある程度年数が経過していればおのずとできてしまうものですが、一度見つけてしまうと気になって仕方がない傷でもあります。
このぐらいなら市販の補修キットを買って自分で直すというのもありですが、市販の物は色の種類が少なく、ピッタリ合わないことが多いです。

   Before 

当店ならば木材の色、柄、木の種類は問いません。After画像を見てください。かなり近くからの撮影ですが殆どわからないと思います。白は僅かな色の違いでも浮いて見え易いのですが、そのような結果になる心配もありません。画像はフローリング材の物ですが、木材であればドアや柱であってもと同じ様に直すことができます。
不意にできてしまった傷でお困りの方は是非一度お問い合わせください。

   After   

ささくれ除去

木製品の表面が割れて浮き上がってしまうのがささくれ傷です。傷口がとがっているので、見た目的にはあまり目立たないのが逆に危ないです。特に床にできた場合は気付かずに踏んでしまい怪我をする危険も高いです。

   Before   

接着剤でくっ付けたいところですが、Before画像のように僅かに浮いているだけだと難しいです。強引にくっ付けようとすると、接着剤がはみ出したりして余計に汚くなります。
こういう時は思い切ってささくれを切り取ってしまいます。当然切り取った分が凹みとして残るのですが、そこに充填剤を埋め色を付けてあげれば以下の通り綺麗に隠れます。
画像程度の傷であれば10~20分で補修可能です。お急ぎの場合でも即対応できます。お困りの際は是非ご相談ください。

   After   

フローリング表面のめくれ

ご自宅などでフローリングの表面がめくれてしまい、挙句めくれた部分が取れてしまったのを見たことはないでしょうか?ごく小さなものであれば意外と見かける傷だと思います。以下のBefore画像がまさにその状態です。
テープを張って押えていた痕跡が見えますが、テープの耐久度はそう長くは続かないのですぐにまためくれ上がります。そこに足や物を引っ掛けてしまい、完全に表面が取れてしまった状態です。それが何度か続く内に初めは数センチだった傷も20センチ以上まで拡がってしまったようです。このレベルになると流石に無視できないですし、素足で踏んでしまえば傷口の木片が刺さる危険もあります。
このような傷でも当店にご依頼いただければ補修可能です。

   Before  

まずは形状の再生です。傷口にパテを埋めてサンドペーパーで形を整えていきます。以下がその作業を終えた状態です。欠けていた部分が埋まり形状が元に戻りました。

形が元に戻ったら次は着色です。木の色に合わせて調色し周りと馴染ませます。最後に艶合わせをして完了です。
After画像が補修完了後の画像です。パテの跡が完全に見えないのはもちろん、着色箇所の境界も見えません。
立った状態から撮影した画像もご覧ください。艶具合も周りとよく馴染んでいるので、光が当たっても目立っていない思います。

   After  

フローリングは傷のできた一部分だけを切り取って張り替えるということは基本的にできません。仮にできたとしても、張り替えた部分だけ色の違いや隙間が出来て逆に目立ちます。張り替えるなら一部屋分全てになりますが、そうなると部屋にある物を全て外に出さなくてはならず、手間も費用も掛かります。
補修ならば傷周辺1~2メートルを空けていただけるだけで十分です。補修時間も数時間から可能です。傷は小さい程早く安く直せます。放っておいて補修不可能なレベルまで傷が大きくなってしまう前に、お早めにご相談ください。

フローリングの引っかき傷

床によくある傷といえば何か硬くて重い物を落としてしまった時にできてしまったへこみや穴でしょう。それと同じくらいよくお問い合わせいただくのがBefore画像のような引っかき傷です。何か物を引きずってしまった時にできる傷ですが、白くなってしまうことが多いので暗い色の素材だと非常によく目立ちます。

   Before   

After画像が補修した後の画像です。かなり目立たなくなりました。
しかしよく見ると木目が途中で途切れている箇所があり、まだ線の跡が薄っすら見えると思います。やはり補修なので完全に新品と一緒という訳にはいきません。とは言えカメラの距離ぐらいまで近付かなければまず見えないので、私生活で頻繁に目に付く事はないと思います。
これでも気になるという方は新品に買い替えていただくしかないですが、補修ならばお値段、お時間は買い替えの数分の1で済みます。買い替えか補修か、お悩みの方はまずはお見積りをご依頼ください。

   After   

フローリングの原状回復

今回は賃貸物件の原状回復を担当させていただいたのでご紹介します。
借主の方がどんなに綺麗に使っていても必ずできてしまうのが下の画像にあるような擦り傷えぐれ穴です。1つ1つは大した傷ではなくても数や場所によっては目立つしまいます。そのままでは内見に来た人にも『汚い』という悪印象を持たれてしまいます。

なかなか次の入居者が決まらないのは貸主様にとっては一番避けたいことだと思います。かといって張り替えは時間とお金が掛かってしまいます。
しかし当店にご相談いただければ張り替えるよりもずっと安く、短い時間で補修できます。画像にある程度の傷であれば1日で10~20箇所程度は補修可能なので、すぐに入居者の募集を掛けられます。原状回復をお考えの際はトータルリペアタカギのご利用をご検討ください。

   Before  

   After