アルミ建材の打痕傷

サッシやベランダの手すり、柵などの建材に物をぶつけてしまって傷ができた。変形してしまった。という事でお困りではないでしょうか。
Before画像にあるのアルミ製の窓枠にできた打痕傷です。反射の歪みぐわいから変形していることが触らなくてもわかると思います。

固い材質だし直すのは無理だろう、と諦めなくても大丈夫です。打痕傷もAfter画像のように綺麗に補修することが可能です。

   Before   

   After   

以下は少し遠景から撮った写真です。真ん中あたりが傷があった場所です。
全面塗り直したわけではなく傷があった周辺のみ塗装しています。ですが塗り際が目立たないように施工しているので、どこからどこまで塗ったのかわからないと思います。全面塗りをしないのでその分お安いコストで補修できます。
お値段が気になる方は一度お問い合わせください。または『施工費用』ページでも参考価格がご確認いただけます。

   After2   

 

アルミ材の形状再生

ご自宅にアルミ製の柵を設置している人は多いと思います。傷つきやすい場所といえば角の部分でしょうか。
Before画像をみると角の部分が潰れて変形しているのがわかります。周辺にも小さな傷がいくつも付いています。

   Before 

こちらを補修した結果がAfter画像です。角が再生されていて、塗り直したことにより周りの小さな傷も隠れました。
柵などの野外に設置してある家財でも対応いたします。人の目に付く物だからこそ綺麗にしておきたい方は手間も費用も掛かる取り替えをする前にぜひ当店の利用をご検討ください。

   After 

サッシの擦り傷

樹脂サッシの補修をしましたのでご紹介します。
サッシの下部にBefore画像のような擦り傷が付いてしまったようです。樹脂材は柔らかいのでこのような傷が見つかることは多いのではないでしょうか?

   Before  

こちらを補修してAfter画像の状態に直しました。
このような小さいのに目に付いてしまう傷こそ補修が最適です。お困りの際は一度当店にご相談ください。

   After  

樹脂材の擦り傷

雨どいやパイプとして使われることが多い樹脂ですが、最近では樹脂サッシというのも人気があり目にする機会が増えてきています。樹脂材はアルミなどの金属類と比べてかなり柔らかいのでBefore画像のような擦り傷が付き易いのが欠点です。画像の部材は黒色なので一見すると目立たないですが光が当たるとはっきりと際立って見えます。今回はそういった傷の補修例を紹介します。

それ程深いキズではなかったのでサンドペーパーで削って段差を目立たなくする手もありましたが、今回は充填剤を傷穴に埋めて表面を平滑にしました。After画像を見ればわかるようにもう段差は見えなくなっています。画像からはわかりにくいですが上からカラー塗装をしているので色褪せや汚れもまとめて綺麗になります。
多少傷口の段差が残ってもいいのであれば塗装だけするということも可能です。その分補修費は割り引くことが可能です。ご予算に合わせて施工方法は調整できますのでお気軽にご相談ください。

   Before  
   After  

アルミのへこみ補修

軽くて加工しやすいため窓サッシや扉など広く使われていることが多いアルミですが、強度が低く傷つきやすいという特徴があります。ちょっと物をぶつけてしまっただけでも簡単に変形してしまいBefore画像のように傷がくっきり見えてしまいます。目に付く場所にこのような傷があると気になると思います。

   Before  

当店では変形してしまったアルミもAfter画像のように元の形状を再現できます。気になる傷がある方は当店にご相談ください。
(表面に模様がプリントされている場合や形状が複雑で再現が難しいと判断した場合は、補修をお断りする場合がございます。)

   After