最低料金での補修例

当店は10,000円(税抜)を最低補修費としております。では、10,000円でどこまで直して貰えるの?と疑問に思っている方も多いと思います。そこで、実際に最低料金で施工した補修例をご紹介します。
以下はいずれもフローリングにできたへこみ、えぐれの傷です。最低料金の目安は大きさが5センチ未満で、深さが3ミリ以下としています。目安より若干深さがありますが、このぐらいであれば3箇所まで最低料金でご対応します。
   Before   

補修後が以下の通りです。穴が塞がって平らな状態に戻っています。補修したら艶が落ちてくすんでしまった、ということ失敗例がよくあるのですがテカり具合を比べて見ても特に大きな変化はないと思います。
補修を頼んでみたいけど、ちゃんと綺麗になるか不安だ。と思っている方は多いと思います。そんな方のためにいくつか補修サンプルをご用意しておりますので、お気軽にご要望ください。それでも不安だという方は最低料金の補修で直り具合を確かめることをオススメします。出来に納得していただけたら追加で大きな傷の補修をご依頼いただければ失敗がないと思います。その時は複数の傷補修を依頼いただけた場合の割引も適用させていただきます。
補修を検討中の方はご参考にしてください。

   After   

壁のへこみ

壁にできてしまったへこみや穴にお困りではないでしょうか?今回はまさにそういった壁の傷補修です。
白色なのでわかりにくいですがBefore画像の中央にへこみが付いています。クロス(壁紙)も少し破けてしまっています。
近くに置いていた姿見鏡を倒してしまった時に鏡の角が壁にぶつかりできてしまった傷だそうです。生活していればうっかり起きてしまいそうな事故だと思います。

   Before  

まずは傷周辺のクロスを千切れないように丁寧に切り取ります。以下が傷周辺のクロスのみ剥がした状態です。白くなっているのがへこみの部分です。

充填剤でへこみ部分を埋めてサンドペーパーで平らにします。写真で見ると不格好ですが上からクロスを張るので問題ありません。

平らになったら剥がしたクロスを元の場所に張り直します。切れ目が目立つ部分はコーキング剤で補填し、模様を書き足して完了です。After画像を見てわかる通り、殆どわからない状態になったと思います。
当店は木製品の補修をメインでやっていますが小さな傷であれば壁の補修も承ります。お困りの際は是非お問い合わせください。

   After  

玄関の深い傷

にできた深めのへこみの補修を行ったのでご紹介します。場所は玄関の縁部分です。飾ってあった置物をうっかり落としてしまった際にできた傷のようです。玄関は人を出迎える場所なので特に綺麗にしておきたい場所だと思います。

Before画像をみればわかる通り今回のへこみはかなり深いものです。このレベルだとDIY向けの市販の補修キットではなかなか直せないと思います。仮にそれっぽく直せたとしても強度が弱い材料を使っていては直した場所がすぐ変形したりヒビが入ったりするケースが考えられます。
   Before   

そこで今回は強度のある補修材を使い穴を埋めました。頑丈な分やや加工に時間が掛かるのですが、その分簡単には変形しません。埋めた後平らにして色味や艶を調整したものがAfter画像です。綺麗に傷が塞がったと思います。

   After   

せっかく綺麗に直してもその後すぐに傷が復活してしまったら意味がないと思います。当店では傷の大きさ、深さなどを考慮し適切な補修方法をご提案致します。安心してご依頼ください。

クッションフロアの補修

今回はクッションフロアの補修例を紹介します。安価で加工しやい床材なのでDIYで使ったことがある人もいるのではないでしょうか。
クッションフロアは木材のようなデザインをしていることが多いですが実際は木ではありせん。ですが当店の補修技術を応用すればこれも修繕可能です。

クッションフロアの欠点は柔らかい素材が使われているので重いものを置くとすぐにへこみ跡がついてしまうことにあります。このタイプの傷なら以下のように補修可能です。光が当たってもへこみの跡は見えなくなっていると思います。

   Before  

   After  

気を付けて抱きたいのでお値段です。最初に書いたようにクッションフロアは安価で加工も容易です。10,000円程度で直せる傷ならいいのですが、それ以上掛かってしまうような張り替えと殆ど費用が変わらない可能性もあります。直すよりも張り替えた方が良い場合は正直にそう提案させていただきます。補修か張り替えか、判断に困っている方はまずはお見積りをご依頼ください。

アルミのへこみ補修

軽くて加工しやすいため窓サッシや扉など広く使われていることが多いアルミですが、強度が低く傷つきやすいという特徴があります。ちょっと物をぶつけてしまっただけでも簡単に変形してしまいBefore画像のように傷がくっきり見えてしまいます。目に付く場所にこのような傷があると気になると思います。

   Before  

当店では変形してしまったアルミもAfter画像のように元の形状を再現できます。気になる傷がある方は当店にご相談ください。
(表面に模様がプリントされている場合や形状が複雑で再現が難しいと判断した場合は、補修をお断りする場合がございます。)

   After