玄関の深い傷

にできた深めのへこみの補修を行ったのでご紹介します。場所は玄関の縁部分です。飾ってあった置物をうっかり落としてしまった際にできた傷のようです。玄関は人を出迎える場所なので特に綺麗にしておきたい場所だと思います。

Before画像をみればわかる通り今回のへこみはかなり深いものです。このレベルだとDIY向けの市販の補修キットではなかなか直せないと思います。仮にそれっぽく直せたとしても強度が弱い材料を使っていては直した場所がすぐ変形したりヒビが入ったりするケースが考えられます。
   Before   

そこで今回は強度のある補修材を使い穴を埋めました。頑丈な分やや加工に時間が掛かるのですが、その分簡単には変形しません。埋めた後平らにして色味や艶を調整したものがAfter画像です。綺麗に傷が塞がったと思います。

   After   

せっかく綺麗に直してもその後すぐに傷が復活してしまったら意味がないと思います。当店では傷の大きさ、深さなどを考慮し適切な補修方法をご提案致します。安心してご依頼ください。

クッションフロアの補修

今回はクッションフロアの補修例を紹介します。安価で加工しやい床材なのでDIYで使ったことがある人もいるのではないでしょうか。
クッションフロアは木材のようなデザインをしていることが多いですが実際は木ではありせん。ですが当店の補修技術を応用すればこれも修繕可能です。

クッションフロアの欠点は柔らかい素材が使われているので重いものを置くとすぐにへこみ跡がついてしまうことにあります。このタイプの傷なら以下のように補修可能です。光が当たってもへこみの跡は見えなくなっていると思います。

   Before  

   After  

気を付けて抱きたいのでお値段です。最初に書いたようにクッションフロアは安価で加工も容易です。10,000円程度で直せる傷ならいいのですが、それ以上掛かってしまうような張り替えと殆ど費用が変わらない可能性もあります。直すよりも張り替えた方が良い場合は正直にそう提案させていただきます。補修か張り替えか、判断に困っている方はまずはお見積りをご依頼ください。

アルミのへこみ補修

軽くて加工しやすいため窓サッシや扉など広く使われていることが多いアルミですが、強度が低く傷つきやすいという特徴があります。ちょっと物をぶつけてしまっただけでも簡単に変形してしまいBefore画像のように傷がくっきり見えてしまいます。目に付く場所にこのような傷があると気になると思います。

   Before  

当店では変形してしまったアルミもAfter画像のように元の形状を再現できます。気になる傷がある方は当店にご相談ください。
(表面に模様がプリントされている場合や形状が複雑で再現が難しいと判断した場合は、補修をお断りする場合がございます。)

   After  

へこみ補修

覚えはないのにいつの間にかついている傷の代表はBefore画像のような小さなへこみでしょう。どんなに気を付けていても生活していれば絶対にできてしまいます。あるいは新築やリフォーム直後であっても、施工中にできてしまっていることも多いです。
このぐらい仕方がないかと諦めてしまう人も多いですが、実はこのタイプの傷が一番綺麗に直り易いです。

   Before   

After画像が補修後の画像です。どこに傷があったのか私自身でもよほど目を凝らして見なければわからないほど綺麗に直りました。
へこみが無くなって平坦になったのは当然ですが、フローリングの表面にある微妙なザラザラ感まで再現しています。それによって光が当たった時でも傷を埋めた後が見え難くしています。
一般のお客様だけでなく、ハウスメーカー様でも「こんなところに傷が!?」と気付いたら是非ご相談ください。このレベルの傷ならば最低料金の10,000円からお請けいたします。

   After   

白木のへこみ補修

今回は身近なものをだけを使って誰でも簡単にできる補修方法をご紹介します。

Before画像は白木の画像です。中央に丸いへこみができているのがわかります。白木はフローリングのように表面がコーティングされていないので、床よりもこのようなへこみができ易いです。ですが、コーティングされていないからこそできる簡単な補修方法もあります。ネットでもよく紹介されている方法なので知っている人もいると思いますが、知らなかった人は是非一度試して見てください!

   Before   

用意するものは2つだけ。タオルやフキンなどのアイロンです。
まずは布を水で濡らして水が滴らない程度に絞ります。そうしたらへこみができている箇所に当てます。傷口がちょっと湿るぐらいに優しく押し当てておくとより効果的です。

次は布の上からアイロンを当てて温めます。どのくらいという目安は特にないので、布をどかして傷の状態を確かめながら当てていきます。やり過ぎて焦がしてしまわないようにだけ気を付けましょう。

補修後の状態がAfter画像です。うっすらとへこみの跡が見えますが殆ど気にならないレベルになったと思います。失敗することなんてまずないですし、あっという間に直ります。
ただし、あまりにへこみが深い場合は元に戻らないこともあります。当然ですが割れてささくれ立っている場合も直りません。そういう時は当店へご相談ください。プロ専用の補修材を使って深い傷も綺麗にします!

   After