階段の角削れ

階段は段差の連続なのでどうして体や物をぶつけがちです。特に角は衝撃が一点に集まりやすいので、欠けたり削れたりすることが多いです。Before画像がまさにそんな状態です。角が欠けて白くなっているのがわかります。床と違って目線の高さに傷ができるので目立ち易く、他人に見られるのはちょっと恥ずかしいという人もいるのではないでしょうか?
しかし階段の床板を張り替えるという選択は難しいでしょう。張り替えは費用だけでなく時間も必要です。一時的でも階段が使えなくなると生活に大きな支障が出ます。そんな難しい場所は補修が便利です。

   Before   

After画像が補修後の写真です。色が戻っただけでなく、角の形状も綺麗に戻ったのがわかると思います。
当店は速乾性の高い補修材を使用しておりますので作業中でも階段が使えなくなることはございません。生活に支障を出すことなく階段を綺麗にすることができます。

   After   

リメイクやリフォームなど大規模な工事はせずに、なるべく安く手短にお家を綺麗にしたい。という方は是非一度当店にご相談ください。無料でお見積り致します。

クッションフロアのえぐれ

クッションフロアにできた傷の補修例をご紹介します。
クッションフロアは安価で張り易い床材で、主に賃貸で使われることが多いです。その名の通りクッション性があり、強く押して凹んでもすぐに元の形に戻るのが木の床材と違う点です。
しかし当然限度があり、一点に強い力が掛かると表面が破けてしまいます。また、長時間重い物を置きっぱなしにすると凹んだ状態のまま固まってしまう事もあります。

Before画像がクッションフロアに付いた傷の例です。恐らく重たい家具か家電を落としてしまった時でしょう。表面が破れてえぐれています。

   Before 

補修後の状態が以下のAfter画像です。クッキリ見えていた凹みが無くなり、かなり目立たなくなったと思います。
見た目だけでなく、硬化後に柔軟性が出る材料を使用してるので弾性も復元しております。

   After 

同様の傷でお困りの際は、是非一度お問い合わせ下さい。
無料でお見積りさせて頂きます。

大きなえぐれ傷と柱の傷

今回は床と柱の境にできた傷の補修例です。
補修前の写真を見ていただければ床に大きめの傷が付いているのがすぐ目に入ると思います。加えてすぐ近くの白い柱にも細かい傷が複数付いています。何とか直そうとしたようですが失敗してしまったようです。
角付近にできた傷は非常に作業がし難く、細かい作業や微妙な力加減が重要になってくる補修では厄介なパターンと言えます。下手をすると補修作業の過程で近くの柱まで傷付けてしまう事になるので、無理はせず当店のような専門業者に頼むことをオススメします。
   Before   

床と柱、両方を補修し終えた写真がAfterです。
目立っていた床と大きな傷、そして柱についてした細かい傷も綺麗に無くなりました。やや多めに時間いただくことになりますが、このように角にできた傷も直せます。遠慮なくご相談ください。

   After   
ご相談は当HPの『お問い合わせ』ページから受け付けております。またはLINEで当店公式アカウントを友だち追加の上、傷の写真を送っていただいても結構です。詳しくは『ご依頼の流れ』をご確認ください。

広範囲のえぐれ傷

今回は紹介するのはかなり大きな傷になります。重い家具を無理やり引き摺ってしまったのか、1.5メートルぐらいかけて床がえぐれてしまっています。
数センチ程度なら1箇所30分もあれば補修可能なのですが、1メートルを超えてくると流石に丸1日(6時間)程度の作業時間が必要となります。しかし決して補修不可能という事はありません。
時間は掛かりますが傷をパテで埋めて着色する、という基本の流れでこのサイズの傷も直す事が出来ます。

   Before   

After画像が補修後です。デコボコに荒れていた箇所が綺麗に平らな状態に戻っています。Beforeと見比べていただければ一目瞭然だと思います。
もし一部屋分の床を張り替えるとなると数十万円しますが、補修ならば5万円以下で修繕できます。費用はかさむが張り替えるしかないかと諦める前に、一度当店にご相談下さい。お見積りは無料で承っております。
ご希望の方は当HPのお問い合わせページ、またはメール・LINEでご連絡下さい。

   After   

ペットが付けた傷

家の中でペットを飼っている方は多いと思います。そうするとどうしてもあちこち引っかいたり噛んだりして、傷を付けられることも多いのではないでしょうか?
Before画像はペットが扉を引っかいて付けてしまったものです。下の方に大きくえぐれた傷が1つ。ちょっと分かりにくいですが上の方にも縦に爪痕が付けられています。
ちょっとぐらいなら仕方ないと思えますが、このレベルになると流石に傷が目立つなと感じます。

   Before   

Afterが補修後となります。
えぐれてしまっていた箇所はパテで埋めて、サンディングして整形。色は全体を塗り直した訳ではなく傷ができていた周辺のみ着色しています。色の違いが目立ち易い白地ですが、塗り際も殆どわからないと思います。

   After   

ペットのイタズラでできてしまった傷にお困りの方は、是非一度ご相談下さい。