壁のえぐれ

当店は木部補修をメインで請け負っておりますが、小さな傷であればその他の部材にできた傷の補修も承っております。
Before画像はにできたえぐれ傷の画像です。壁材は床材程頑丈ではないことが多いので、軽くぶつけてしまったぐらいでも簡単に凹んでしまいます。隅っこや下の方なら殆ど気にならないですが、目線の高さぐらいにできてしまうと僅かな傷でも目立ってしまいます。中古物件ならともかく新築で見つかってしまうと無視し難いと思います。
   Before   

Afterが補修後です。パッと見た感じでは殆どわからなくなったと思います。
木と壁紙では質感が全然違うのであまり大きい傷は請け負えないのですが、今回のような数センチ程度であれば対応できます。新築物件でこのような傷が見つかって困っているという不動産関連の方や工務店の方は一度ご相談ください。

   After   
お値段が気になるという方は、まずはお問い合わせください。当HPの『お問い合わせ』ページから24時間受け付けております。またLINEで当店公式アカウントを友だち追加の上、傷の写真を送っていただいても結構です。詳しくは『ご依頼の流れ』をご確認ください。

巾木のえぐれ

巾木という建材をご存じでしょうか?床と壁の間に取り付けられたものがそれです。
主に境目にできる隙間を隠して綺麗に見せることが目的の物です。殆どの住宅で用いられているものなので皆様のご自宅にもあるのではないでしょうか。

この巾木ですが足物にある関係で、お掃除の際に掃除機をぶつけたりして傷を作り易いです。巾木自体はそんなに高価な建材ではないですし、取り外して交換するのも比較的簡単です。とはいってもサッとできるほど楽ではないですし、慎重にやらないと床や壁を傷つけてしまう危険性もあります。
余程ボロボロなら交換の方が良いですが、Before画像程度のえぐれ傷なら補修の方が得策でしょう。
   Before   

After画像をご覧ください。えぐれていた角が元に戻り、剥き出しになっていた下地も綺麗に隠れました。交換しなくてもここまで元の状態に戻すことができます。
作業も写真程度なら1時間掛からないぐらいの短時間で終わります。壁際の家具や物を全てどかす必要もないので、交換よりはるかに手間が少ないです。

   After   

あまり手間や費用を掛けずにお部屋を綺麗にしたい。そのような希望をお持ちの方は一度当店にお問い合わせください。無料でお見積り致します。

床下収納蓋の傷と汚れ

床下収納の蓋の補修例です。場所はキッチンになります。
へこみえぐれなど複数の傷に加えて、汚れで黒ずんでいます。キッチンは油など色々な汚れが飛び散り易いので、こまめに床磨きをしていなければ気付いた時にはなかなか落ちない頑固な汚れができてしまいます。ご自宅のキッチンが同じような状態になっている方も多いのではないでしょうか?
テープが貼ってある場所が目立つ傷の場所ですが、今回はそこだけに限らず全体的に補修してみました。
   Before   

補修後の画像をご覧ください。
傷が塞がっているのはもちろん、全体的にクリーニングしたので黒さが消えて色に鮮やかさが戻っています。蓋枠の境界があるのでどこがどのくらい綺麗になったかわかり易いと思います。
このように当店ではクリーニングも行いますので『汚れが気になる』というご相談も承っております。なかなか落ちない汚れにお困りの方は是非お問い合わせください。

   After   

上がり框の修繕

玄関で靴を脱いで初めに足を置く1段上がった場所のことを上がり框(かまち)といいます。家に出入りする際必ず通る場所なので人の往来が多く、どうしても傷が付き易い場所です。同時に来客に必ず見られる場所なので綺麗にしておきたい場所でもあります。
Before画像はその框の画像ですが、所々色褪せして角部分は削れて白くなっています。上面にはへこみも複数あります。
   Before   

補修後の写真が以下になります。目立つへこみや角の削れはパテで補充し、その後研磨して形状を整え塗装して仕上げました。見比べていただければ劇的に綺麗になっているのがお分かりいただけると思います。
施工時間は約3時間で、半日程度で完了しています。家を空けるに始めて、用事を済ませて帰ってきたら終わっているぐらいの時間です。玄関が使えなくて困るという事もありません。

   After   

框は日本の一般的な住居ならほぼ必ず付いているので、皆様のお自宅にもあるのではないでしょうか。よく見てみるとたくさん傷が付いているのに気付くと思います。
不格好だから綺麗にしたいけど、できるだけ安く早く済ませたい。そんな方は『お問い合わせ』ページからご相談ください。

間仕切り角の欠け

Before画像を見るとかなり派手に角がえぐり取れているのがわかると思います。場所はキッチンの間仕切り用の板です。
ちょっと物や足をぶつけた程度の傷ではないので何があったのかと思いますが、どうやら飼っているワンちゃんがやらかしてしまったようです。言われてみれば噛みやすそうな出っ張りですね。
ワンちゃんにとっては噛み易くても、直す側としてはちょっと厄介です。平面にできた傷と違って形状の再生が難しいからです。少々大変ですが可能な限り直したいと思います。

   Before   

Afterが補修後の画像です。欠けていた角の形が戻っていると思います。正直かなり難しかったですが直す前と比べればかなり良くなったのではないでしょうか。
このようにペットや小さいお子様が傷を作ってしまったというご相談は多いです。24時間ずっと見ているわけにはいかないので、いつかやらかしてしまう事は避けられないと思います。そのような傷も家族の思い出の内とも考えられますが、さすがに目立ち過ぎで不格好だと思うものは一度補修を検討してみてはいかがでしょうか?

   After