階段の角削れ

階段は段差の連続なのでどうして体や物をぶつけがちです。特に角は衝撃が一点に集まりやすいので、欠けたり削れたりすることが多いです。Before画像がまさにそんな状態です。角が欠けて白くなっているのがわかります。床と違って目線の高さに傷ができるので目立ち易く、他人に見られるのはちょっと恥ずかしいという人もいるのではないでしょうか?
しかし階段の床板を張り替えるという選択は難しいでしょう。張り替えは費用だけでなく時間も必要です。一時的でも階段が使えなくなると生活に大きな支障が出ます。そんな難しい場所は補修が便利です。

   Before   

After画像が補修後の写真です。色が戻っただけでなく、角の形状も綺麗に戻ったのがわかると思います。
当店は速乾性の高い補修材を使用しておりますので作業中でも階段が使えなくなることはございません。生活に支障を出すことなく階段を綺麗にすることができます。

   After   

リメイクやリフォームなど大規模な工事はせずに、なるべく安く手短にお家を綺麗にしたい。という方は是非一度当店にご相談ください。無料でお見積り致します。

階段のえぐれ

階段の補修例のご紹介です。
階段は頻繁に人が通るので目立つ傷があるという人も多いのではないでしょうか。Before画像を見ると角がえぐれて変形しているのがわかると思います。さらにえぐれた部分に汚れが溜まり黒くなってもいます。
   Before   

以下が補修後の写真です。色味が違うのは照明の関係です。木目を見ていただければ撮っている場所がBeforeと同じなのはわかると思います。
角が復元され綺麗に傷が隠れました。今回は場所が階段で日常的に踏まれる場所だったので、強度のある硬い補修材を使って角を直しました。
このように角張った場所にできた傷でも問題なく補修できます。お困りの際は当店にご相談下さい。

   After   

白地についた傷

白は清潔感があって家具でも家電でも人気の色なのですが、汚れや傷が目立ち易いという欠点があります。今回はその白ベースの木材に付いた傷です。
下の画像に映っているのはクローゼットの側面部分になります。左に見切れているのが服を掛ける鉄棒の端です。ちょっと分かりにくいですが、擦れた跡のような点々した傷があります。小さな物ですが真っ白な部材であるために目立ってしまいます。
   Before   

一言に白色といっても明るい白や暗めの白、少し黄色みがあったり青みがあったりと様々です。白地でなおかつ模様が何も入っていない物だと、ほんのわずかな色の違いが浮いて見えてしまうので補修もちょっと難しくなります。
慎重に調色しつつ、補修した結果が以下です。拡大画像と少し離れた画像、両方を載せました。直した部分の色がしっかり馴染んでいると思います。決して全面塗り直した訳ではなく、傷の周辺のみ塗装しています。

   After   

このように色を合わせるのが難しい白地の部材でも綺麗に補修することが可能です。お困りの方は是非一度お問い合わせください。

窓枠のえぐれ

Before画像は窓枠の角がえぐれて形が歪になってしまったものです。小さい物だったのでご依頼主様が自分で直そうとしたようですが、その結果上手くいかなくてこうなってしまったようです。
市販の補修キットでは色が限られているので、どうしても上手く馴染まず汚れたようになってしまいます。特にこういう角部分は作業がし難いので、たとえ小さくても難易度は高いです。
   Before   

ですがもし失敗してしまってもご安心ください。当店なら補修に失敗してしまった場合のリカバリーも可能です。
以下が補修結果です。上手く補修箇所の色味が周りに馴染んだと思います。当店は豊富な顔料をご用意しているので、どのような色でも調色可能です。また角の形もクッキリ再生されているのがわかると思います。

   After   
ご覧のように再補修の場合でも問題なく承ります。お心当たりがある方は是非一度ご相談ください。ご依頼方法は『ご依頼の流れ』をご確認ください。

敷居の削れ

今回は部屋と部屋の間にある敷居の補修事例を紹介します。
Before画像のように敷居の角が広い範囲に渡って削れているのがわかると思います。どうやら飼っているペットがいたずらで噛んだり引っかいたりして傷つけてしまったようです。ペット飼っているご家庭ならこのタイプの傷は避けられないと思います。
敷居は柱と同じく家の骨組みのひとつなので簡単に交換という訳にはいきません。不可能ではないと思いますがかなりの大工事が必要です。時間も掛かるし、うるさくしてご近所に迷惑が掛かるかも、という心配が拭えません。

   Before   

そんな交換が難しい箇所でも当店をご利用いただければたった1日で補修可能です。作業中に出る音も塗料を乾かす際に使うドライヤーや、小型コンプレッサーの稼働音程度なので、ご近所に迷惑が掛かる程の騒音の心配はありません
肝心の補修結果も以下の画像通りです。削れた部分をパテ埋めし、着色して剥げた部分に色を付け直しています。もう殆ど傷跡は見えません。

   After   

同じ様な傷で困っているという方は、まずはお問い合わせください。当HPの『お問い合わせ』ページから24時間受け付けております。またLINEで当店公式アカウントを友だち追加の上、傷の写真を送っていただいても結構です。詳しくは『ご依頼の流れ』をご確認ください。