白木の擦り傷

白木とは表面に塗装がされていない白地のままの木材を指します。和室なんかで良く使われるのですが、コーティングされていない分、傷付き易く汚れ易いという欠点があります。
この特徴は補修する際にもネックになります。デリケートな部材なので細心の注意をしなければ、別の傷や汚れを付けてしまいかねません。

Beforeはその白木に物を擦ってしまいできた傷の画像です。擦ったと同時に塗料が付着したのか黒く変色しています。幸いへこみ具合は大したことはなかったので、黒ずみをうまく隠せるかがポイントです。

   Before   

Afterが補修後の画像です。写真の位置ぐらいからなら殆ど目立たないレベルまで傷を隠せたと思います。なるべく木を傷めないように、触る範囲を最小限にいて補修しております。
このように当店では白木の補修も承っております。気になった方は是非一度お問い合わせください。
   After   

白木の削れ

和室で使われることが多い白木ですが、Before画像はその一部分が削れ落ちてしまったものです。白木は表面がコーティングされていない部材なので軽く擦ってしまっただけでこんな傷ができてしまいます。今回はこれを直したいと思います。

   Before  

まずは充填剤を使い元の形を再現します。下の画像が整形が終わった直後の画像です。白くなっている部分が充填剤で再生した部分です。
角ばっている場所と曲線になっている場所が繋がっており、なかなか難しかったのですが何とかそれっぽくなりました。

その後、木の色と木目をオリジナル部分と馴染むように塗り直して補修完了です。最後の画像が今回使った白木部材の全体画像です。左下が修正箇所なのですがほとんどわからないと思います。
この形を再現する技術は家具補修にも使います。家具の形は様々ですが角ばっていても滑らかな曲線であっても修復可能です。身近に気になる傷がある方は一度お問い合わせください。
   After    

 

白木のへこみ補修

今回は身近なものをだけを使って誰でも簡単にできる補修方法をご紹介します。

Before画像は白木の画像です。中央に丸いへこみができているのがわかります。白木はフローリングのように表面がコーティングされていないので、床よりもこのようなへこみができ易いです。ですが、コーティングされていないからこそできる簡単な補修方法もあります。ネットでもよく紹介されている方法なので知っている人もいると思いますが、知らなかった人は是非一度試して見てください!

   Before   

用意するものは2つだけ。タオルやフキンなどのアイロンです。
まずは布を水で濡らして水が滴らない程度に絞ります。そうしたらへこみができている箇所に当てます。傷口がちょっと湿るぐらいに優しく押し当てておくとより効果的です。

次は布の上からアイロンを当てて温めます。どのくらいという目安は特にないので、布をどかして傷の状態を確かめながら当てていきます。やり過ぎて焦がしてしまわないようにだけ気を付けましょう。

補修後の状態がAfter画像です。うっすらとへこみの跡が見えますが殆ど気にならないレベルになったと思います。失敗することなんてまずないですし、あっという間に直ります。
ただし、あまりにへこみが深い場合は元に戻らないこともあります。当然ですが割れてささくれ立っている場合も直りません。そういう時は当店へご相談ください。プロ専用の補修材を使って深い傷も綺麗にします!

   After