壁角の欠け

に物をぶつけてしまうケースは日常的に多いと思います。中でもはぶつけた時の衝撃が一点に集中するので、大きな傷として残り易いです。以下の画像がその例です。
辛うじてくっついていますが触ると割れた部分が簡単にグラグラ動く状態なので完全に欠けてします。綺麗にポッキリ折れたのなら接着剤でくっ付ければいいだけですが、これは傷口が荒れてしまっているのでくっ付けたところで傷は隠れないでしょう。

   Before   

こういう場合、欠けた部分は完全にとってしまい、パテで傷口を埋めます。その後、慎重に研磨しながら形を元に戻します。
以下が補修後の写真です。しっかりと角の形が再生されていると思います。

   After   

当店では色味の補修だけでなく、形状の再生も承っております。壁、床に限らず、家具など木製品全般に対応できます。
一部が欠けてしまった、あるいは変形してしまった。というトラブルのお困りの際は是非一度お問い合わせください。