床のえぐれ穴補修

ひとつ前の投稿に続いてフローリング床の補修例をもう一つご紹介します。
以下のBefore画像は何か固い物がフローリングに突き刺さってしまい表面がえぐれてしまった傷です。このような傷は離れていても目に付いてしまいますし、傷の縁や内側はささくれ立っていて裸足で踏んでしまえば木片が足に刺さってしまう危険もあります。放っておきたくない傷ではありますが、傷一つのためにフローリングを張り替えるのはコストが掛かってもったいないと思わないでしょうか?
当店にお任せいただければ30分程度でAfter画像のように綺麗に傷を隠すことができます。見た目だけでなく表面も平滑にしていますので踏んで怪我をしてしまう心配もありません。

   Before  
   After  

以下は少し離れた場所から撮影した画像です。この距離からなら殆どどこに傷があったかわからないと思います。私生活ではもっと離れた位置からしかフローリングを見ないと思いますので、修繕跡が目を引く心配はありません。
こちらも施工サンプルを用意していますのでご覧になりたい方はご遠慮なくお申し付けください。

床のへこみ補修

今回はフローリング床の補修例をご紹介します。
今ではほとんどの住居で見られるフローリング床ですが、以下のBefore画像のようなへこみを見たことはないでしょうか?小さなものでも光が当たると露骨に目立ち、触れるとへこんでいることが感触ではっきりわかります。
このような傷であればAfter画像のように修繕できます。かなり近い位置から撮影していますがそれでも傷があった場所がほぼ完璧にわからなくなっていると思います。もちろん触ってもへこみは全く感じない状態になっています。施工時間は20分程。最低料金の1時間コースでも複数修復可能です。
こちらは施工サンプルをいつでもお見せるすることができます。実際に修復したものを見たいという場合はお気軽にご要望ください。

   Before  
   After