緊急事態宣言に伴う対応について

4/7(火)に発表されました緊急事態宣言を受けまして、当店では姫路市外への出張施工を一時停止させていただきます。
ただしお問い合わせ受付に関しましては通常通り運用します。補修対象の画像を送付いただければ市外からのお見積り依頼にも対応いたします。
対応期間は緊急事態宣言の効力が続く5/6(水)までを予定しております。なお、対応方針や対応期間はコロナウイルス対策の今後の動向によって変更となる場合がございます。

当店では施工時は近辺に人が近寄らないこと、及び常に換気することを条件にしております。その為ウイルス感染のリスクは低いと考えておりますが、姫路市内でも感染者が出ていることを鑑み、不要不急の遠出を避けるため上記のような対応をさせていただくことを決定致しました。
ご依頼を検討していたお客様にはご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程お願いいたします。
本ブログは今後も更新を続けていくので見に来ていただければ幸いです。今後もご愛好お願いいたします。

壁の穴補修

4月から新しく補修対象としたクロス(壁紙)の補修例をご紹介します。

壁は意外と頑丈ではないことが多く、ちょっと強く物をぶつけてしまうとすぐにへこんでしまいます。特にBefore画像のような完全に貫通してしまったは無視できないと思います。クロスも完全に千切れて一部無くなってしまっています。今回はこの傷を例に直し方をご紹介します。

   Before   

まずは穴の周辺のクロスを完全に切り取ります。その後で穴埋めをするのですが塞ぎ方は穴の大きさによって変わります。今回は5センチ未満の小さめの穴なので直接充填剤を詰めて埋めました。特にカチカチに固まる物を使用しておりますので強度は十分です。充填剤の硬化後、表面を平らに研磨した後の画像が以下です。

穴を塞いだらその上から新しいクロスを張り直します。完了したものがAfter画像です。新しいクロスを張っているので綺麗になるのは当たりなのですが、継ぎ目も殆どわからない状態になっていると思います。施工時間は2時間です。もっと大きい穴(5~20センチ)の場合でも穴の塞ぎ方は変わりますが施工時間は同じぐらいです。
壁の穴でお困りの方は是非当店にご相談ください。
※クロスが千切れて無くなっている場合、張り替え用に同じ模様と色のクロスを用意する必要があります。同じクロスが見つからない場合、家具の裏に隠れているクロスを切り取って持ってくるなどの工夫が必要になります。それも難しい場合、または柄の都合上どうしても張り替えた部分が目立ってしまうと判断した場合は施工をお断りする場合がございます。

   After   

クロス(壁紙)補修始めました

この度、新しくクロス(壁紙)の補修サービスを開始しましたのでお知らせします。今まで何度かクロスの補修を希望されたことがあったので、この度補修対象に追加することとなりました。
当店で補修対象とする傷の種類は以下の通りです。

補修対象 剥がれ
破け
ひび割れ
★壁にへこみや穴ができている場合も補修可。
対象外 汚れ落とし
塗装
壁全面の張り替え

施工費用は他の補修サービスと同じで、直すのに掛かる時間で料金をお見積り致します。
実際にどんな傷がどんなふうに直るのか、どのぐらいの時間が掛かるのかは次の投稿で紹介していきます。気になる方はご覧になってください。

Twitter開始

当店のTwitterアカウントを作成いたしました。基本的には今ご覧いただいているブログと同じように施工実績を中心にツイートさせていく予定です。
Twitterを通じてより身近な存在として認知してもらえればと思います。よろしければフォローお願いいたします!

LINE公式アカウントのご案内

本日、トータルリペアタカギのLINE公式アカウントの運用を開始いたしました。LINEアプリを使用して手軽にお問い合わせいただけます。
ご利用方法は簡単です。以下の友だち追加ボタンまたはQRコードから当店のアカウントを友だち追加してメッセージを送っていただくだけ。後は当店でメッセージを確認してチャット形式でご対応いたします。
気になった傷が見つかったらその場でスマホのカメラを使って撮影⇒LINEから送信、といった利用が可能です。友達に話しかける感覚でお気楽にご利用ください。