玄関ドアの色褪せ

玄関ドアは家の印象を決めるうえでとても大きな影響を与えます。なるべく綺麗な状態を保ちたいと思いますが、外側は雨風にさらされるのでどうしても劣化し易いです。今回はその玄関ドアの補修例です。
ドアの下半分中央部分がBefore画像のように色褪せしてしまっています。素材は木製になります。とても綺麗でおしゃれなご住居だったのですが、玄関ドアがこの状態だと全体的に老朽化しているような印象を持ってしまいます。遠目からでも見える程広範囲だったので、今回補修を決断していただけました。

   Before   

以下が補修後です。日が照ってきたのでBeforeより明るい画像になってしまいましたが、色褪せしていた部分にしっかり色が付いたのがわかると思います。木材特有の木目や色の濃淡も可能な限り再生しました。これなら古ぼけた印象を持たれることはないでしょう。
因みに玄関ドアを新品にリフォームしよう思った場合、工事費込みで30万円以上が目安です。当店にご依頼いただけた場合は高く見積もっても5万円程度です。なるべく費用を抑えつつ、お家の印象を良くしたいとお考えの方は一度当店にお問い合わせください。

   After