木部の焦げ跡

アイロンの電源を入れたまま床に置いてしまったり、タバコを落としてしまったりなど、うっかり焦げ跡が付けてしまった経験がある人もあるのではないでしょうか。表面が薄く焦げただけなら強めに擦ればある程度薄くすることができますが、深くまで焦げてしまった場合はそうもいきません。シミ抜きで取れるものではないので、ハウスクリーニング屋さんでも対処できない場合が多いと思います。
当店ならば床に馴染む色を調色した上で焦げ跡を隠すことが可能です。お値段は浅い傷と同じになりますので、小さい物であれば最低10,000円からお受けいたします。

以下は焦げ跡補修の例です。例ではわかりやすいように白色の部材を用いていますが、その他どのような色でも対応可能です。
目立つ焦げ跡にお困りの際は是非お問い合わせください。

   Before   

   After