木材の切り傷

今回は木製の床にできた切り傷の補修例をご紹介します。
Before画像のテープの上辺りをご覧ください。木目に逆らっている黒い一本の線が見えると思います。おそらくカッターのような細い刃物で付けてしまった傷と思われます。傷を指でなぞってみるとはっきり凸凹を感じます。
少し離れてしまえば殆ど見えない程の傷だったので、逆に補修し難かったりするのですが可能な限り隠したいと思います。

   Before   

After画像が補修後の写真です。ほぼ同じ位置、同じ角度から撮っていますが黒い横線が見えなくなったと思います。
盛り上がっていた部分は押し潰し、その後充填剤で凹みを埋めました。光の反射具合を見ても凹凸が無くなっているのがお分かりいただけると思います。
どんな細かい傷でもご依頼ただければ可能な限りご対応いたします。気になる傷がある方は是非一度お問い合わせください。

   After