床板の色調調整

傷が入ったり古くなって浮いてきてしまった床板を、その部分だけ剥がして張り直すとBeforeのような状態になってしまう場合があります。
   Before   

どこを張り替えたのか一目瞭然です。サイズはピッタリですが色味が全然違います。
古い床板の場合、まったく同じ色の床というのが見つからないことが多いです。見つかったとしても木は年数経過で変色するので新品とその他で色調は一致しません。

流石にこのままでは不格好なので色を周りに合わせて欲しい、というご依頼でした。補修結果が以下です。
   After   

見比べてわかる通りだいぶ馴染んだと思います。木目まで塗り潰してしまわないように薄く少しず色調を変えました。
このように床の色を変更することも可能です。しかし床板を張り替えてから色を変えるというのは2度手間ですし、その分費用も掛かります。余程酷い状態でない限りは張り替えずに、初めから補修することをオススメします。その方が手を加える範囲も小さくて済むのでより綺麗に直すことができます。

補修か張り替えかで迷ったら一度お見積りをご依頼ください。