家具の形状再生

今回は少し難しい補修に挑戦します。Before画像は椅子の背もたれの写真です。角の部分が大きく欠けています。しかも欠けた部分は紛失しており取れた部分を接着剤でくっつけて直すということもできません。
さすがにそんな状態では直せないのでは?と思うかもしれませんが当店の補修技術を駆使すれば、完全に消えて無くなってしまった部分を再生することが可能です。どのように直すのか段階を踏みながらご紹介します。

   Before   

まずは粘土のように自由に形を作れる材料を使い大まかな形を再現します。この材料はすぐに固まってしまうのでとにかく速さ勝負です。下の画像がその作業を終えた状態です。なんとなく元の形が見えてきましたが、この状態ではまだ表面がボコボコでオリジナル部分との段差も気になります。

続いてサンドペーパーを使って整形していきます。初めは粗い目で削り、徐々に目の細かい物に変えていきながら表面のボコボコを無くします。削り過ぎてへこんでしまった箇所や充填が足りていなかった箇所はパテで盛り上げてまたサンドペーパーで形を整えます。この作業を繰り返して形を再生したのが下の画像です。ほぼ元通りの形が再現できました。

形が元に戻ったら後は着色です。オリジナル部分とできるだけ同じ色を調色し、充填した箇所を塗っていきます。上手く色が馴染んだら最後に色が剥がれないようにコーティングして完成です。完成した状態が下の画像です。初めの状態が想像出来ないほど綺麗に角が再生されました。
   After 

このレベルの補修になるとさすがに1日作業になってしまいます。施工費用も掛かってしまうので買い替えた方が安いという場合も多いと思います。
それでもどうしても直してもらいたい家具、もしくは木製品がある。どこに頼んでも断られてしまう。という方は当店にご相談ください。持てる限りの技術で対応させていただきます。