フローリングの溝再生

フローリングにできた傷でも特に面倒なので溝部分の傷です。普通は平らに慣らせばいいだけなのですが、溝にできてしまった傷の場合は溝の形を再現しなければいけないので、その分手間が掛かります。
今回は下の画像のような溝をまたいでできてしまったえぐれ穴を補修していきます。

   Before   

直す手順は同じで専用の充填剤で穴を埋めた後に形を整えていきます。特に専用の道具や裏技があるわけではないので、サンドペーパーや彫刻刀などを駆使して上手く再現するしかありません。この辺が溝部分の補修が通常より時間が掛かる理由です。
少しずつ削って元の形を再現した状態が以下です。

形が元に戻ったら後はいつも通り色味を調整します。補修完了後の画像が以下です。補修前の状態と比べれば、かなり自然な形に戻ったと思います。
平らな箇所にできた傷よりも補修時間は多めにいただきますが、当店は問題なく対応できます。サンプルを確認したい方は遠慮なくお申し付けください。

   After